読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糸島ゲストハウスいとよりの日々

福岡県の糸島にあるゲストハウスいとよりの日々のブログ

いとよりこだわり通信vol.2 鏡が小さい理由とは?

いとよりのこだわり

福岡県の糸島よりこんにちは!

ゲストハウスいとより、宣伝係長のへいすけです。

 

今日はいとより、営業日。

たまにはマジメな記事を更新しとこっ!!

 

いとよりの鏡が小さい理由とは?

いとよりの洗面所にある鏡。

 

小さくない?......笑

f:id:motohashiheisuke:20161202211112j:plain

うん、明らかに小さい。

鏡としての機能が最小限に抑えられている......

 

オーナーのなるみさんに、おそるおそる聞いてみた。

f:id:motohashiheisuke:20161202222750j:plain

「なるみさん、鏡小さすぎないですか?」

 

なるみさんはにんまりしながら、こう答えた。

f:id:motohashiheisuke:20161202222819j:plain

「うん、あれはあえて小さい鏡にしたからいいのっ」

 

(あえて......どういうこと?)

 

そんな顔を察したかのようになるみさんはこう答えた。

 

「ほらっ、もともとあった後ろの窓、かわいいでしょっ、あれを活かすために、あえて小さい窓にしたの〜。」

f:id:motohashiheisuke:20161202211112j:plain

ぼくは、ふか〜く納得した。

「な〜る〜ほ〜ど〜、確かにうしろの窓めっちゃいい感じですね〜!!いや〜オーナーさすがっす!!」

 

と、ヨイショしたつもりが、ぼくはすぐに後悔をすることになる。

 

「へいすけさん、まだまだ給料アップは遠いぞっ!!」

と言われたから。

 

......(涙)

 

 

ふと、鏡に問いかけてみた

なるみさんが去ったあとで、そのきれいな窓の、かわいい鏡の様子をしばらく見ていた。

 

そして、ふと鏡に問いかけてみた。

f:id:motohashiheisuke:20161202211042j:plain

「鏡よ、鏡よ、世界で1番こわいものってなんですか?」

 

(なぁ〜〜〜んちゃって......)

 

 

 

!?

 

 

 

そのとき、ふと鏡から声がした。

 

 

 

 

「......な......る......み......」

 

ぼくは、マジメに働こうと心に誓ったのであった。

 

P.S ゲストさんには、とっても、とってもやさしいなるみさんです。

糸島が初めての人に、親身になっておすすめスポット、糸島めぐりのコースをいっしょに考えているのをよく見ます。

f:id:motohashiheisuke:20161202222848j:plain

あとね、いろんな人を受け止める度量がある、器の広いオーナーさんです。

受け止めるってのは、ただ単に人を受け入れるってだけじゃなくて、泊まりに来てくれた人の気持ちまで受け止めてるんだなぁ〜と感じます。

 

ゲストハウスにはいろんな方が来ます。

旅で来た、仕事で来た、移住したくて来た、気分を変えたくて来た

なかには悩みを抱えて、泊まり来られるゲストさんもいらっしゃいます。 

 

来たゲストさん、一人一人にそれぞれのストーリーがあるのです。

ゲストさん一人一人に向き合うなるみさんの姿を横で見ていて、係長は心の中で「この人はすごいなぁ〜」って思ったりもします。

 

ぼくもゲストさんにとっての、大切な日に関わることができて幸せです。

宣伝係長してこれからもがんばります!

 

あなたにとって想い出の1日になるように、オーナーといとよりで待ってるね!!

では、また会える日までっ^^